お金が借りられない!カードの審査に落ちた!個人信用情報とは?



お金が借りられない!カードの審査に落ちた!個人信用情報とは?


音声をONに出来ない環境でこの動画を見たい方は、周囲にご迷惑をおかけしないように、ミュート(音を消す設定)にしてから本動画を再生して、以下のシナリオをお読み下さい。

今日はですね個人信用情報というものについてお伝えしていきたいと思うんですけども
あまり聞き慣れない言葉かと思うんですけども
例えばその住宅のローンを組む時とかあるいはクレジットカードを作る時とかそういった時にですね
そのクレジットカード会社とか銀行というのはその個人がですね
過去にどういうふうな金銭的な状況だったのかそれをしっかり調べる必要があるんですね
て言うのはクレジットがカード会社からすれば一時的にそのお客様の料金を建て替える
わけですよね
でローン会社はもちろんそのローンの返済がで途中で滞ってしまったときには自分たちは
ある意味負債を抱えることになってしまいますからそれをチェックする情報というのが開示されているんですね
でそれが個人信用情報というふうによりますでこの個人信用情報が悪いと何が問題かと
いうと当然ですけども
お金が借りれられないとかクレジットカードが作れないのかそういった事態になって
しまいます
まあですからあの普段からですねあのまあアレなんですけど例えば残高不足で
カードどう請求にが来たんだけども
引き落としができなかったとかローンの返済がいまー遅れてしまったとかですね
車のローンの返済遅れてしまったらこういうことってあると思うんですけどこれあまり
やってるとですねその家カードが作れなくなったりとか
ローンが通りにくくなったりとかそういうこと響いてきますから
ぜひね一度光 cac とかって言うんですけど
cic とか jicc ジックっていうんですけどあと全銀協
この3つが主な新個人情報誌信用を開示している期間があるのでこの日にチェックして
みてもいいかなと思うんですねでそもそも個人信用情報っていうのは
まあ大きこの3つが
集めているんですねでこの cac が例えば一番
えっと多いです載ってる情報が多いですね例えば全国の銀行とかクレジットカード会社
が一番多く登録加盟してます ca 集ですから
cac をまみるのが一番いいかなと思うんですけど ac ac を見ていただくと
自分が過去
エッチっと冤罪な
払ってきたのかとか自分の個人信用情報ですねそれがわかってくるということです
で例えば crc の見方をちょっとお伝えしたいと思うんですけど cic を取っ
た時に例えばドルマークってあるんですね
で cic というのは
基本的にはどこでお金を立てばローン組んでればどこからお金を借りているのかとか
クレジットカードであれば返済が毎月行われているのかとかそういった情報が載ってる
んですね
で例えば平成
28年の1月2月
ずーっと言って12が2とかで平成29年とか
1月こういうふうにずーっと並んで言ってこの好きの下にですね
例えばこういうドールマークがあったりとか
このマークですね8が p とかこういう風にすると並んでるんです
でドルマークがもしあった場合も観ていただいてですねどれマークがあった場合は ok
です
これはの支払いがちゃんとされていますよということですですから cac おこう
銀行が見た時に
例えばその審査申請しますよね住宅ローンを申請した時に銀行がその cac の情報
を見るわけです
その時に取るマークがずーっと並んでるとこれは印象良いです
きちっと返済というか支払いをしている人だという風に見られますので審査は通り
やすくなります
で ap この企業がある方は要注意ですねで

映画ですねこれ入金なしなかったということですですからあの日郷土史ができなかった
ですね
で p は一部入金されたとか私はそんな意味だったと思うんですけどこれええとか p
は要注意です
自分の cac を見た時に a とか p があったこれはですね
林試みた時にあまりにも8 p が多いとええええ c さあ飛んない可能性が高い
っていうのは過去に少なくともろーんなにカードなるの請求が予定通りに行われてい
ないという人ですから
ローン文字その1お金を貸したらですねと議論は対しになりますから
ロンの返済が滞る可能性が高いですよねですから
ap がいっぱいついてる方は小さに通りにくいとか
カードが作りに
9いった状況になるのはこの cac を銀行が見ているからなんですね

是非そのあたりまぁちょっとチェックしていただきたいんですけどもう一つが移動です
ね移動っていう文字
これがあったらですねいわゆるブラックリストなんですねでえっとだいたいこう初めの
1ページ目とかに載ってることが多いんですけど何人異動って何か良い移動したかって
いうと債券が移動したって言うなんですね
クレジットカード会社が例えば一時的に代金を叩かれています
お客様が例えば何か高額な商品を買いました50万くらいか
お客さんがクレジットカードで買い物をして魅力月50万払えなかったとしますよね
それが例えば3ヶ月続きました
この何ヶ月すると移動なるかというのは各カード会社とか銀行によって若干変わったり
するんですけど
例えば3カ月間もう全然払えませんでしたと
で言った時に
クレジットカード会社はそのカードの
まぁ持っている人に対して50名の生起する権利を持ってるんですね
これ歳の債権を回収する権利ですよねその権利を
撃っちゃうことができるんです
その際権というのは売買されていましてですね例えば
50万円回収する県にあるんだけども回収するの大変だからもうこれどっかのその回収
業者に売っちゃおうとそれで40万ぐらいで売っちゃうんですねそうするとまぁ
10万円正もちろん回収できないんですけど40万もドッグですから回収業務って結構
大変なんです

特に今の日本というのはその脅しとかですね昔見てとれたてって厳しくやると
取り立てた方がですね
法律違反なっちゃうのでですから回収て即
手間とコストがかかるものなんですねですからもう最近を売っちゃって
400,000円9割か8割でいいから監修症という業者さんってたくさん
銀行とかねカード会社というのは普通そうするですそうなった時に移動という文字が出
てきますつまり最近が移動したということですねこうなるとクレジット
はカード会社からするとまあ基本的な回収不能な人というふうに認定されたということ
ですから
これブラックリストの扱いになります
でこれが乗るとですね基本的にロントンないんですね
カード持ってないんですね
ハイあの銀行とかが例えば住宅の申請が来た時にその人の個人信用情報を見てシェアし
を見てですね移動という文字が書いてあったら
まずお金かしてくれることはないと思ったほうがいいです
でどれぐらいの期間のかっていうとだいたい5年です
公表されている範囲の中でいうとまあ全銀協もジックもし ic も出て5年くらい
乗る
は過去を遡って履歴が乗っているよということは言ってますですから例えば6年7年
経てば
ブービー以下愛ので a 3年たてばかあああ個人信用情報って普段だ
金上ないと思いますからでこれホームページ例えば cac なんかというとあの
cic て例えばそんな方であの検索していただくとその後で返しもできるんですね
クレジットカードを持っている人ですであればもう持ってなければもう窓口でブロー
しかないですけど持ってれば1000円でスマホで pdf で見ることできますので
まあ一度ちょっと見てみてももういいかもしれないですね
ということで今日は個人信用情報というものについて蓋をしていました
以上なります

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク