【サラ金より多い】銀行カードローンは、よくよく注意しよう!



【サラ金より多い】銀行カードローンは、よくよく注意しよう!


音声をONに出来ない環境でこの動画を見たい方は、周囲にご迷惑をおかけしないように、ミュート(音を消す設定)にしてから本動画を再生して、以下のシナリオをお読み下さい。

中田宏チャンネル
今日はお金を借りるのはよくよく注意してくださいって言っちゃいます
銀行のカードローンの残高がどんどん増えているんですね
まあ借りている人は人それぞれの事情があって50万だったり100万だったりに
100万だったりするわけですから総額で言ってもあんまり感覚は分かりませんけれど
も一応位
はですね6月末時点で5兆6798億円の貸出残高
これ前年同月比で8.6%
伸びているんですね5年前と比べても入ってる7倍ととにかく右肩上がりで残高が伸び
ています
この銀行のカードローンテレビのコマーシャルでも相当を流れていますまた銀行によっ
てはですね
atm に行って自分の口座からお金を引き出そうとして金額確定してそしてお砂糖
数えている間にですね
お金かかりませんかっていうようなディスプレイモデルすなわち銀行は相当力を入れて
いるわけですね
もう
友と人口はですね企業にお金を貸すあるいは個人だったらですね住宅ローンなどの長期
で大きな金額を課すというのが回る意味では本数字だったわけですけれども
マイナス金利になったこともあって銀行時代の儲けも少なくなってきたということで
ですねはっきり言って個人のこのカードローンは儲かるというこ
ので力を入れているわけですもともとこうした個人への小口融資というのはいわゆる
サラ金と言われてきた消費者品いう元になっていたわけですしかしこの消費者金融も
ですね
化し次があってそして多重債務になって自己破産あるいは自殺という悲惨なことが相
次いだ結果に
2006年に貸金業法という法律が改正をされ特にそれを受けて2010年からね
a 集の1/3までしか貸せないという規制で厳しくなったわけです
そこに持ってきてこれまたテレビでよくコマーシャルやってますけれども過払い金の
返還というこういうこともあってですね
いわゆる消費者金融が系体力を失ったそこで銀行がこれらを傘下に収めて
また経系の消費者金融などをつくっていわば銀行がお金を貸すという風になってきた
わけです
銀行からお金を借りるというのはなんとなく安心感があるという感覚があるかもしれ
ませんけれどもしか実態としては銀行の傘下にある消費者金融会社が審査をする
また取りた
てるというビジネスになっているわけですさっきふたぁ
2010年の3分の1規制の翌年2011年にはですね
消費者金融の貸付よりも重工のカードローンの貸付金額の幸が上回りました
銀行のカードローンの金利はどのくらいかというとまあ200万円ぐらいまでならです
ね10%から14%ぐらいだって言うんですねやっぱりたいですよ
勝手ですね自己破産や自殺などの悲惨な事例が相次いだから消費者金融を規制したわけ
でそこに銀行のカード
うーんが取って代わってきたわけですけれども昨年2016年の自己破産件数は
6万4000637件ということで13年ぶりに増加をしてしまいました
皆さんお金を借りるというのはもう本当にくれ1個でも注意してください
2
チャンネル登録をお願いします毎日3分くらいでタイムリーなネタをわかりやすく言っ
ちゃいます

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク