Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)でWindows XPのときに使っていたアプリケーションを動かすには(「互換性のトラブルシューティング」)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10上級リファレンス
Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)では、従来のWindowsで使っていたアプリケーションが正常に動作しないことがあります。
そのようなときには、まず「互換性の設定」を試すようにします。
なお、この設定を実行する前に、まずアプリケーションのメーカーサイトで、Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)への対応情報を確認することをオススメします。

○設定手順

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)でWindows XPのときに使っていたアプリケーションを動かすには
☆「互換性」機能を利用するには、アプリケーションの起動アイコンを長押しタップ/右クリックして、メニューから「互換性のトラブルシューティング」を選択します。

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)でディスプレイに表示されるフォントの縁を滑らかにするには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! 基本操作はもとより、出先での通信手段の確保、使い勝手を向上させる各種カスタマイズ、効率的なデータ管理、各種周辺機器の活用やクラウドサービスとの連携など、Surfaceを役立てるありとあらゆるTipsを多数紹介しています。Windows 10搭載のすべてのSurfaceユーザーにご利用いただけます。
液晶ディスプレイの場合、画面は「明確な点(ドット)」で構成されている関係で、斜めの線を表示した場合などには、ジャギー(ガタガタ)が目立ちます。
特に斜めの線が多い、文字表示については顕著なのですが、Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)にはフォントの縁を滑らかにする設定があります。
なお、このような処理はアンチエイリアスといい、ガタガタの部分に中間色を埋めるような形でエッジを滑らかにします。処理的には負担がかかりますので、美しさを求める場合には有効に、デスクトップパフォーマンスを求める場合には無効にするとよいでしょう。

○設定手順

ディスプレイに表示されるフォントの縁を滑らかにするには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「ディスプレイ」を選択します。「ClearTypeテキストの調整」をタップ/クリックします。

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)でMicrosoft IMEで日本語の文中にある、英文字を簡単に入力するには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10上級リファレンス
英文が含まれる日本語文章を入力する際に、日本語と英文字の切り替えは面倒です。
たとえば「わたしはHashimotoです」という文字を入力したい場合には、『日本語入力→変換確定→日本語オフ→英文字入力→日本語オン→日本語入力』という操作をしなければなりませんが、Microsoft IMEでは「Shift」キーを利用することにより、簡単に入力することができます。

○日本語の文中にある英文字の入力

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)でMicrosoft IMEで日本語の文中にある、英文字を簡単に入力するには
☆入力モードがひらがなになっていることを確認します。ひらがなでない場合は「半角/全角」キーを押して日本語入力をオンにして、「わたしは(w・a・t・a・s・i・h・a)」と日本語入力します。

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)でMicrosoft IMEで日本語の文中にある、英文字を簡単に入力するには
☆「Shift」キーを押しながら「H」キーを押します。「Shift」キーを離して「a・s・h・i・m・o・t・o」と入力します。

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)でMicrosoft IMEで日本語の文中にある、英文字を簡単に入力するには
☆「Shift」キーを入力して離します。「です(d・e・s・u)」と入力します。

○変換のまとめ

=============================
わたしはHashimotoです
↑   ↑    ↑
①   ②    ③
=============================
①「半角/全角」キーを押して日本語入力をオンにして。「わたしは」と日本語入力します。
②「Shift」+「H」キーを入力します。英字の「H」が入力されるので、「Shift」キーを離して「ashimoto」と入力します。
③「Shift」キーを押して日本語入力に戻します。「です」と日本語入力します。

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)のデスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows 10 完全制覇パーフェクト [新] Windows 10 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る 最新 "Windows 10" 解説書! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
デスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法を紹介します。

○デスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化

Windows 10 Technical Preview 2 (Build 10xxx)のデスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法
☆タスク バーの時計の右側にある領域を右クリックし、メニューから「デスクトップのプレビュー」にチェックをつけます。

■■最近の記事一覧■■

■■最近の記事一覧■■

悩める主婦におくる今日の献立

NEC Direct ソニーストア

Windows関連サイト

Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
「究める」「攻める」 最高峰のWindows 10解説書!! UEFIブート/メモリー管理/モダンスタンバイ/プロセス管理/ストレージ管理/Windows-On-Windows64(WOW64)/システムカスタマイズ&メンテナンス/レジストリ/グループポリシー・・・他のWin10書には決して書かれていないディープな情報&独自展開を行う異次元書籍。
ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200! 日経BP ひと目でわかるWindows 10 操作・設定テクニック厳選200!   → [■全目次一覧(内容詳細)■]
『信頼+実績』の[日経]+[マイクロソフトMVP×2]の大好評シリーズ「ひと目でわかる厳選200」のWindows 10対応版。ポイントとなる新機能や覚えておきたいショートカット、各種カスタマイズについて、画面や図を交えながらわかりやすく解説。本書を読めばWindows 10を快適に利用できるようになります。
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「記憶域」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科 Surface Pro 4 知りたいことがズバッとわかる本   
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! 基本操作はもとより、出先での通信手段の確保、使い勝手を向上させる各種カスタマイズ、効率的なデータ管理、各種周辺機器の活用やクラウドサービスとの連携など、Surfaceを役立てるありとあらゆるTipsを多数紹介しています。Windows 10搭載のすべてのSurfaceユーザーにご利用いただけます。
NEC Direct デル株式会社

このWebについて

    このWebは Microsoft MVP (マイクロソフトが認定したITプロ)によって運営されています。
    Windowsの情報源としてお役立ててください。

    ※ブログサイト運営の皆様、記事引用OKですので、必ずソースとなる記事へのリンクをお願いします(有料媒体の方は事前にご連絡願います)。

    ※セミナー依頼や執筆関連業務のお問い合わせは toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。